日本ではカジノがありません。
日本のギャンブルといえば競馬、競輪、競艇、パチンコ、マージャン等でしょう。
株はギャンブルとは言わないでしょう。
競馬は場外馬券がありますから、現場に行かなくても、またインターネットでも行うことができますね。
あとは現場に行かなければいけませんね。
まあ一番手頃なのがパチンコでしょう。
大抵の街や駅のそばにあります。
私の駅のそばに4軒ももあります。
これが皆つぶれないでやっていけるというのは、そこそこ儲かっているのでしょう。
反対にお客さん側から見れば、それだけ損をしていることになりますね。
街からちょっと離れていても、駐車場さえあれば、お客さんは来てくれます。
ギャンブルはどれでも儲かれば面白いものです。
たまに勝からはまってしまう傾向があります。

競馬は近頃いろいろな馬券ができて、複雑になりましたね。
しかし確率は宝くじの比ではありません。
これは一種の推理です。
これが当たれば投資の何倍かでも面白いものです。
ただ漫然とTVを見ているよりも、100円でも賭けていた方が数段面白いですね。
私の義理の兄貴は70歳を過ぎてインターネットで競馬をやり始めました。
1レース数百円だとか。
このくらいであれば趣味と言えるのでしょう。

しかしギャンブルは魔物です。
だんだん熱くなって、前の負けを取り戻そうとして、また賭けます。
それで負けてまた賭けます。
この繰り返しで、負けが込んでいくことが多いですね。
こうなると始末が悪いですね。
損が損を生む構図です。

ギャンブルは自分の小遣いの範囲で楽しむことです。
大体胴元が儲かる仕組みです。
ギャンブルでいつもいつも儲かっている人は少ないと思います。
反対に1年を通せば損をしている人の方が断然多いと思います。
心して楽しみたいものです。